メリットについて

パソコンやインターネットがこれだけ普及した現在でも、文書はビジネスに欠かせないものの一つです。
普段の回覧などはパソコン上で行ったり、通常のやり取りをメールで行っている会社でも、例えば役員に見せに行く場合などには、紙に印刷して体裁を整たものを持参する会社が多いですし、官公庁に提出するビジネス文書なども紙であることが多いものです。
また、リテールで金融商品や保険商品の販売などを行う場合には、紙媒体の書面に互いに記名、捺印しますし、不動産業界の購入部門などでも同じです。
保険証券などは、いざという時に証拠としても機能するものですから、会社ではパソコン上にデータがあっても、紙に印刷したものを準備し、互いに署名したものを保管するのです。

規模が大きい会社の中には、文書などをファイリングして、探しやすい状態に整えて、データベース化して保管するような部署があり、こうしたところで働いている人たちも、文書を扱う人たちです。
また、こういった作業を社内では行わずに、外部の業者に委託することもあります。
倉庫付で管理してくれる会社もあり、こういった業者も、文書を扱う人たちと言えます。
その他に、定型的であっても、間違えては大変な、特に住宅の購入などの際に関わることになる登記があります。
こうした書面は、司法書士などの専門家が取り扱っています。
不動産業界では、馴染みの司法書士を外部に抱えている場合もありますが、社内で司法書士を雇用している場合もあります。