情報の管理

ビジネス文章を正しく作成するためにはやはりWordの知識は不可欠です。
自分で正しい文言だと思っていても企業間同士のやり取りではある程度の基本となる文章があります。
Wordの知識がある人と無い人では作成できる内容も違ってきます。Microsoftでの業務が大半の会社が占めると思われます。
外資系の会社ですとMacのソフトになるので使い方が多少違うと思います。
また、MacとMicrosoft間でのやり取りにまれに互換性が保てず、文字化けしてしまうこともまれにあります。
日本語入力しているのに、中国語のような意味不明の漢字として表現されてしまいます。使用しているパソコンがどのソフトなのか把握しておく必要があります。

近年パソコン業務が主流になって来ております。
事務職の方がビジネスの公式文書が作成できない、と言う現象も起きていることは確かです。
今や小学校からパソコンの授業がされています。
そのためでしょうか、パソコンの操作は出来てもビジネスに関する文書なるものは学校の授業では入って来ないようです。
せっかくパソコン操作が出来るのですからもったいない話です。
しかしながらそんな時に利用したいのが文書作成業者です。
文字数で作成業務を請け負ってくれるところ。
ビジネス文書として請け負ってくれるところと様々です。
データは頂けるはずなので、勉強代と思い一度業者に委託されるのも有りだと思います。
会社の面子として相手に恥ずかしくないものを送りたいものです。