機密情報について

企業は、売りたい商品を売り先である得意先に対して価値ある表現として営業マンもしくは、インタネットを利用しての広告文による宣伝効果、イベントを起こして集客を行いかつ見込みの中で繋がりを深め、いくつもの商談案件を熟していく中で多くの対外・社内文書を取り扱うことになります。
宣伝文句としての文書も含め企業の商品を的確に表すものが文書であると言えるのです。
1日の文書はメールも含めると1営業マンだけでも数十通以上を扱うのが通常であるのがビジネスの世界の共通項です。
的確で綺麗な文書作成はビジネスマンの必須ノルマでもあるため、社内社外を通して勉強会、そして研修等で磨きをかけて企業の商品を表す顔を作っているのが現状です。

多くの営業マン、企画マンに共通に必要なものがビジネス文書作成技術であることは明白ですが、この書類作成技術は、単に綺麗な文章をかくだけでは済まず、心を込めた商品説明であるべきで、かつその商品ができるまでの背景、会社の社風、生い立ちを分かりやすく説明できることが求められます。
そのために必要な文章形式等をひな形として持ち合えてかつ再利用可能なツールを会社内で確立されていれば1日に多くの文章を作成しないといけない企業マンの作業効率を最大限に高めることができるため、多くのソフト会社、素材会社が文例を含めてツールとして販売しているのです。
またツール選択方法だけを提供サービスする会社も存在します。
これらを使い、最大限に自社商品の特徴を引き出した企業が顔を作りビジネスの戦いに勝ちます